SaaS

SOFTWARE AS A SERVICE

より良い商品でより良い顧客を獲得しましょう。

E-Commerceを見る »

簡単だった過去の分析

ビジネスがオンラインになって、顧客を理解する事がより難しくなりました。
スプレッドシートやデータ、グラフといった中に、顧客は埋もれてしまったかもしれません。何が起きているかは分かっているけれど、「誰が」となると全く分からない。
顧客が誰かを知るすべがないのです。誰が何をしているかを知る事は大切です。

顧客の理解が売上をもたらす

定期会員ビジネスは、顧客が納得する商品を提供し続けるために、とにかく顧客を理解している事が大切です。これにより、毎月毎月の購入を続けてもらえるのです。
これが出来ないと、あっという間に顧客を失うことになるでしょう。そうなると収益を上げる唯一の方法が失われ、事業拡大のチャンスもなくなってしまいます。
弊社のマーケティングデータも簡単ではありません。顧客とは長期にわたる関係を築いているので、どのマーケティングキャンペーンへ予算をつけるかは頭痛の種です。

より深く知ることが重要

私たちはどの顧客が毎月購入し続けてくれるのか、元来何処から来た人なのかを知る必要があります。顧客とのファーストタッチポイントを知る事で、マーケティングが実際に機能したか否かが分かるのです。そもそもどのキャンペーンで顧客になったのかを知る必要があるでしょう。一般的なアクセス分析ツールではこのような見識は出来ないと言えます。

顧客の全体像をとらえる

もし、全データをそれぞれの顧客と結び付けることができたらどうでしょうか?
何が起きているか知るだけではなく、誰が何をやっているのかも分かるようになるのです。
それぞれのトラフィックソース、特徴、新規登録。これらによって顧客の全体像を捉える事が出来ます。月払いの代わりに、年単位で購入が続くようなビジネスを築けるかもしれません。
これこそが顧客分析なのです。

ファーストタッチトラフィックソース別売上レポート

ファーストタッチトラフィックソース別売上レポート

どこのトラフィックから来た顧客が優良カスタマーなのでしょうか?トラフィック別売上レポートでは明確にその優劣を把握することが出来ます。参照サイトごとにトータル売上、ライフタイムバリュー、有料会員数、平均月間解約率などを一目で理解できます。

分析のポイント

1~2か月で辞めてしまう会員をみつけてもあまり意味はないかもしれません。それよりも古くからの顧客で、長く有料会員として売り上げをもたらしてくれているユーザーを特定することが重要です。業容拡大にはこのマーケティング視点が大切です。
KISSmetricsは収益の全てを実在の人達と結び付けます。複数回購入ユーザーも追跡出来るので、貴社のビジネスに最適な顧客が容易に見つかります。

SaaSサイトにおいてはこのような分析指標が作れるでしょう

  • 総売上

    各トラフィックソースから得た
    総収益/売上数
  • 顧客別平均売上

    各トラフィックソース別
    顧客平均売上
  • ライフタイムバリュー

    長期に渡って得られると
    予測される売上

上記分析指標から、売上と顧客が結びつくことがわかります。顧客をプラン別やキャンペーン、ビジネスタイプやABテスト別に分類した際に、売上データと紐づけることができます。ここが特に重要です。
さらには顧客を送客してくれたトラフィックソースごとのひもづけも可能となります。ソーシャルメディアは追跡が難しいチャネルですが、これらも容易にレポート化できます。
分析指標は1分ほどでレポートを生成することが出来ますので、ビジネスに最も重要な顧客をすぐに見つけることができるでしょう。

顧客の使用方法を学んで製品やサービスの改良につなげる

優良顧客を探すだけではなく、商品がどのように使われているかを知ることは重要です。サービスをより良いものに改良していけるからです。
他のアクセス分析ツールは何が行われているかを教えてくれるでしょうが、KISSmetricsは誰が何を行っているのかを教えてくれます。ユーザのワークフローそのものを把握し、どの機能がどんな順序で使われているかを理解しましょう。

顧客分析がデータをそれぞれのユーザを結び付けるので、実際に人々がどのように商品を使用するのかが分かります。

例えば、商品・サービスを愛用するパワーユーザを把握したいとしましょう。
クイックサーチを使用すれば、最もログインしている人たちのリストを取り出す事が出来ます。この人たちの共通点を探すことで通常ユーザからパワーユーザへ変わる過程が認識できます。更に彼らのメールアドレスは既にご存じでしょうから、商品・サービスを最も愛用してくれるユーザへの接触方法は言うまでもありません。

このプロセスは商品・サービスのリニューアル時に有効な手法です。
クイックサーチで、その機能を最も愛用しているユーザを調べてから連絡を取り、何が現在足りないのかを尋ねてみるといいでしょう。その機能の方向性をハッキリと学べるでしょう。
商品・サービスを利用する全顧客データからは、最も使われる機能はどれなのか、時間と共に利用方法は変化していくのか、顧客分類によってこの変化に違いがあるのか、等々のデータを確認することができます。

ほしいままにユーザーを抽出することができます。

課金までのプロセスがあります。

商品を知ってもらい、試してから、購入を決めるまでの流れを上手に紹介していますか?

登録申込までの過程を完成させるために、KISSmetricsファネルレポートを作成して現状を直接見てみましょう。追跡したイベントならばファネルに追加する事が出来ます。制限はありません。どんなイベントでも、お手持ちの過去データであってもファネルレポートに使用出来ます。

もし幾つかの登録申込フローを検証して、顧客になるユーザをもっと増やしたいとお考えなら、KISSmetricsファネルレポートは正しいプロセスか否かを教えてくれます。

課金までの成功プロセスはファネルレポートを活用しましょう。

Q. よく理解できましたが、KISSmetricsの導入設定はどのようにするのですか?
A.  確かに、改めてツールを導入するのは大変です。しかしながらバグを修正し、諸機能を整備して、測定している商品・サービスがきっとあるはずです。それにテクニカルの人件費も最近は安くありません。弊社の状況も同じです。
KISSmetricsの設定をわざわざ大変簡単にした理由もここにあるのです。KISSmetricsでデータを入手する方法には幾つかあります。

  • トラッキングコードを導入
    トラッキングコードを導入
    これが基本です。弊社への新規登録後すぐに、ジャバスクリプトのスニペットをお送りします。このコードをサイトの各ページにコピー&ペーストして下さい。自動的に一連データの追跡がスタートします。
  • 抽出データを送付
    抽出データを送付
    どのサイトもアプリも独自の異なる仕様を持っています。例えば、顧客のログインや会員登録を可視化したい、売上データやアプリの使われ方、SaaSの上位プラン移行やダウングレードなどKISSmetricsは柔軟に対応いたします。

Eコマースの分析を見る »

KISSmetricsの導入に関するご相談は
下記までお問い合わせください。
株式会社インターアローズ
平日9時-18時 電話:03-6431-8022

フォームからのお問い合わせはこちらから